So-net無料ブログ作成

東京拘置所の前にやっぱりこのお店が!! [日本の習慣]

葛飾区、小菅にある「東京拘置所」

友人の家に行く途中に通ったら、見慣れぬ店が…
IMG_2577.JPG

池田屋 差入店

差し入れ専門のお店だ。

興味津々で入ってみる
建物は相当古い、築40年以上たっている。
内装も建物と同じ歴史を感じさせるつくり

誰もいないのかと思ったが、ガラスショーケースの奥で存在感のないやせぎすの中年男性が下を向きながらぼそっと「いらっしゃいませ」とつぶやいた。
いろんな人が来るので、顔を見ないようにしているのかしら…

店内には、雑誌、缶詰、お菓子、下着、洗面用具などが値札もPOPもなく陳列してある。



石鹸は段ボールに入ったまま床に置かれていた。
ここでは買うものは決まっているのだ。

じろじろと店内を物色していると、真っ赤なミニスカートを履いたどう見ても70代の女性が入ってきた。
思わず顔を見てしまって、少し後悔した。
ここでは人の顔を見ないほうがいいのかもしれないと思いそそくさと出てきた。

店の看板の横には
IMG_2578.JPG

保釈保証金立替専門の金融会社広告が。

まさにディープなお店です。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。