So-net無料ブログ作成

女性専用車両は『日本の恥』?! [日本の習慣]

女性専用車両.jpg
男の学生が4人乗り込んできた。

私を含め、まわりの人たちは彼らを見るなり少し驚いた。

ここは女性専用車両だった。

朝のラッシュ時でそれなりに混んでいて、女性専用車時間帯のアナウンスがされている。

しかし彼らはそんなことお構いなし、知っていて乗り込んできたのだ。

彼らはあたりに聞こえる声で

「女性専用車両があって、男性専用車両がないなんて差別だよな」
「そうだよ。女だけラッシュ時にすいてる車両に乗れるなんて、狡い!」
と文句をつけだした。
jyosei1.jpg

甘えたクソガキが何言ってんだと思いつつ、

まぁ~女の人だけすいてる車両で確かにちょっと得かもと少し納得しかけたところ

目の前に座っていたキリッとした40代女性がスクッと立ち上がり、

学生たちの顔を見据え

「ねぇ君たち、なぜ女性専用車両ができたかご存じ?」
とやさしく問いかけた。

学生は、一拍後
「それは、痴漢防止のためじゃない」
「でも俺ら痴漢なんかしないし」
「そうそう」と反論。

女性は、
・日本全体でどれくらい痴漢が起きているか
・痴漢被害が多い鉄道会社に対して警察が導入を要望した
・世界の中でも宗教上の理由、酔客の横暴を理由にした女性専用車両はあるが痴漢を理由にした国は少ないこと
最後に
「これは世界中に向けて自慢できることではなくて、とても恥ずかしいことなの。なぜなら日本人は痴漢好きの変態ばっかりいるってことだから。早く痴漢がなくなってこの車両がなくなることがいいとみんな思ってる。」





そうか!女性専用車両は『日本の恥!』なのか。。。
まわりの女性たちは心の中で拍手していた。

学生たちもそのあと、所在なくおとなしくなった。

世界の女性専用車両を調べてみると
韓国 韓国の韓国鉄道公社 (KORAIL) 及びソウルメトロでは、10数年前から広域電鉄において朝の6時30分 - 9時に限り女性・老人・障害者専用車両が設置され、ソウルメトロは2008年から位置付けを明確化して全路線に導入している。 台湾 台湾鉄路管理局では、2006年6月より台北市付近の電聯車(電車)に終日女性専用車両を設置した。しかし、男性差別であるなどの反対意見から約3ヶ月で廃止となった。 フィリピン フィリピンのマニラ・ライトレールでは女性専用車両が終日運行されている。 タイ タイのバンコクの路線バスではラッシュ時に限り女性専用バスが運行されている。また、タイ国鉄は2002年からバンコク - チェンマイ間の寝台急行列車に女性専用車両を投入した。 インド インドでは、女性の地位はいまだ低いが、女性を保護しようという動きが近年出てきており、ニューデリー、チェンナイなどの大都市の通勤電車に女性専用車両がある。「レディース・スペシャル」と呼ばれる女性専用列車も運行されている。 ロシア 長距離列車に酔客対策として「女性専用コンパートメント」がある。 ブラジル リオデジャネイロの通勤電車に車体の色がピンクで塗装された女性専用車両がある。 サンパウロでは2005年、地下鉄に試験導入がなされた。同地では1990年代に女性専用車両を導入したものの、ラッシュ時に男性が乗車した事で定着には至らなかった。 イギリス イギリスでは、1995年から首都ロンドンに「会員制女性専用タクシー」がある。 インドネシア ジャカルタ首都圏の鉄道網であるKRLジャボタベックでは2010年8月、女性専用車両(KKW : Kereta Khusus Wanita)が導入された。インドネシアにおけるイスラム教徒の人口は世界最大である。 by WIKIPEDIA

こうしてみるとイスラム圏以外で、電車にこの車両を設置しているのは日本と韓国だけである。
しかも韓国は2路線なのに比べ、日本全国あらゆる路線で設置されている。

西日本の多くの路線はラッシュ時だけではなく毎日終日行われているではないか!
jyosei3.jpg

そう、これは、まさに『日本の恥』だ!!

タグ:車両 女性
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 3

通りすがり

うん、その場にいる奴ら全員が浅はかだということはよく分かるな。
特にその男たちは、なんでこんな論点のズレた話に言いくるめられてるんだか。
「その話と、チカンでない俺たちがただ男ってだけで差別されることと何の関係があるわけ?」って聞いてほしかったねえ。実際、話の内容と彼らは何の関係もないし。

まー、確かに女性専用車両の存在は日本の恥だよ。
だがそれは「チカンが多発することが恥ずかしい」んじゃない。
「チカンが多発することへの対策として女性専用車両なんていう性差別的で的外れな手段をやってしまうことが恥ずかしい」んだよ。
そして多くの国民がそれについて思考停止してしまい、納得したり肯定してることこそ、日本人として恥ずかしく思うべきだね。

世界に女性専用車両がごくわずかなのは、普通の国は電車の車両で性別を分けようなんて思いもよらないからだ。やろうという気すら起こらないのが普通なんだよ。
仮にそんな「普通の国」でやろうとすれば、台湾のようにすぐ廃止になるのが当たり前なんだよ。
台湾だってチカンの多さが問題になってる国なんだぜ。それがたった3ヶ月の間に廃止されてるが、そのわずかな期間にチカンがいなくなったとでも思うのか?

大体、どの国だって変態は一定数いるの。日本だけが特別多いわけじゃないの。
そいつらがおイタをしやすい条件を与えられた時に実行するってだけで、こと日本では電車が過度に混雑するからそこに多発するってだけ。実際、世界の列車乗降者数ランキングで日本の駅は上位をほぼ独占してるんだぜ。他にこんな国がどこにあるってんだ。
よその国はチカンの代わりにゴーカンが多いとか、国によって様々だろうけど性犯罪は普通に起こってる。日本ばかりが恥じ入るべきことじゃない。

ちなみに警察が導入を要望した件について。
どういうやり方をしたかって言うと、いきなり警視庁が過去8年間の路線別チカン件数を発表し、HPに掲載するなどして、鉄道会社に圧力をかけたのさ。
その3ヶ月後に、首都圏の多くの鉄道会社が一斉に女性専用車両を導入した。ところが警視庁は導入後の件数の推移を発表しないどころか、もう用済みとばかりに発表した過去の件数も見られなくしてしまった。
もし女性専用車両でチカン件数が減少したのなら、ドヤ顔で大々的に発表するだろうが、それをしない理由って何だろね?
試しにやってみるのは構わんよ?でもその結果チカン犯罪の抑止に効果がないってことが分かったんなら、すぐ廃止するのが当然だが、それを要請する動きは全くない。
つまり、警察はチカンがいくら起ころうが「どーだっていい」のさ。チカン対策はしてるよっていう「言い訳」が欲しかっただけなんだよ。
by 通りすがり (2014-10-03 11:02) 

マジカル

通りすがりさん、長文のコメントありがとうございます。
おっしゃるとおりで、弱者擁護を大義名分に事なかれ主義がまかりとおる日本ゆえの制度でしょうね。
男女差別をうたっても、大きな声にはならずないよりあったほうがいいんじゃないというどっちつかずの日和見意見がまかりとおる時代なんでしょうか。

雇用、育児なども男女均等と叫ばれる時代なのにこの制度が何も言われないのは不思議です。
by マジカル (2014-10-08 13:24) 

NO NAME

本当に事なかれ主義の目くらまし制度で呆れます。
この制度こそ助成差別ですよ。表面上は保護や優遇って事にして痴漢の根本的な解決にはなっていない。要するに女は何かあると面倒だし煩いから隔離しとけって制度です。一生懸命に男女平等を訴えても、こんな制度に女性が乗っかれば女性差別を助長するようなもんじゃない。
イギリスでも列車内でのレイプなどの性犯罪が問題になり、専用車両導入を国会議員が提案しましたが、女性達が「誤ったメッセージを与えることになる」と言って自ら導入を拒否しています。日本の女性は隔離して守られないと生活できない弱い存在なんですか?痴漢にあえば怖くて声なんて出せませんし反撃なんてリスクを考えれば無理です。でも痴漢だけが犯罪ではありません。振り込め詐欺が横行すれば、判断力の鈍った老人だけを外部とコンタクトできないところに隔離しますか?甘ったれてるのも日本の恥を晒しているのも、ブログ主さんをはじめとする肯定派の女性と見当違いな制度を導入する男性だと思います。
by NO NAME (2015-07-29 16:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。