So-net無料ブログ作成
検索選択

なぜ日本人は年をとると不幸か? [政府]

内閣府が調べた「年齢ごとの主観的幸福感」によれば日本人の幸福感は15歳からずっと右肩下がり。
比較した、アメリカは40歳までは下がるもののその後70歳までは一気に上昇している。
幸福感.jpg


年齢と幸福度の関係については、諸外国の調査研究では、U 字カーブをたどるとされる。
つまり、熟年層に入る頃には自分の人生がある程度定まってくるので、人々は若い頃持っ
ていた野心を実現することをあきらめざるを得ないから幸福度が下がる。
その後の高齢期に入ってからは考え方を変え、後半の人生を楽しく充実させようと努力するから幸福度が
また高まるのではないかとの考察がなされている。

しかし、日本では高齢期に入っても他国(たとえばアメリカ)に比べると幸福度が上昇していかない。

なぜだろう?
経済で見ると長引く不景気、年金や老後の不安がある日本と、リーマンショック後過去最高株価をつけるアメリカ。
しかも基軸通貨(ドル)なので為替差益に影響されないメリットがあり国として安定している。
もちろん格差はあるが、大多数の人々は将来に対して不安がないのかもしれない。

それに対して日本は、1200兆円を超える国家債務があり、増え続けている。
しかも人口が多い団塊の世代が高齢化するのは2020年からだ。
どこで、日本の経営を間違えてしまったのでしょうか。

そんな借金が多いところにいて、
長生きすればするだけ医療費や年金で借金が増える国に生きていて幸福感を感じるわけがないかもしれません。

赤字の会社は、社長も従業員も賞与なし給与一部カットで耐え忍んでいる。
日本の責任者は、自分たちの収入は守って民からの税金を密かに上げ続けている。
しかも、文句を大声で言われそうな団体や企業へは抜け道を作って…

これでは幸福感も何もあったものではない。

この調査をした委員も報道したマスコミ(日経新聞)も、
欧米とアジアの国民性の違いに要因があると言っていた。

欧米は、個人の自尊心の確立に幸福感を感じ、日本をはじめアジアは、周りとの協調や関係性に幸福感を感じる。

なにこれ?!
日本語になってない!!

欧米人はみんな一人で生きてるっていうの?
彼らだって周りとの協調や関係性が大事だろうし、家族や友人を大切に思ってる。
日本と違うのは、国の責任者がズルしてなく、国民を馬鹿にしていないってことかもしれない。
タグ:年金 幸福感
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: