So-net無料ブログ作成
検索選択
日本の習慣 ブログトップ

日本人が忘れてはいけない日が5つある!! [日本の習慣]

12月8日、6月23日、8月6日、8月9日、そして8月15日である。

後ろの3つは思い当たる方が多いだろう。
しかし、12月8日と6月23日については多くの日本人がこの日に何が起きたのかを知らない。

これを機会にぜひ覚えていただきたい。


12月8日は、パールハーバー、真珠湾といえば察しがつくと思う。

ここでは6月23日について深く掘り下げたい。
1945年6月23日、沖縄での地上戦が終わった。
終戦したのではない。

沖縄がアメリカ軍に陥落したのである。
沖縄県民の3人に1人が亡くなるという悲惨な地上戦に敗北して日本の敗戦は決定的になった。
だが、それでも戦争は終わらなかった。
体裁のためなのか、本気でまだ巻き返しができると思っていたのか。
もはや力の差が確実なこの時点で戦争を終わらせていれば、長崎、広島に原爆投下はなかった。

劇団四季の浅利慶太氏は「語り継ぐ日本の歴史」という小冊子の中で日中戦争および、太平洋戦争での引き際についてこう書いている。

《例をあげればきりがないが、しかるべき時期に何故蒋介石政権と和平しなかったのか。「中国戦線の泥沼」に嵌らぬチャンスは何回かあったはずだ。国力の差から見ても「日米開戦」は避けなければならなかった。戦いは当然のことながら勝つか負けるかだ。「敗戦」は検討されなかったのか。古い話をするようだが、武田信玄や織田信長だったら、開戦の選択をしただろうか。それほどの偉材を持ち出さなくても、明治の指導者だったらどうだろう。》

「沖縄県民斯ク戦ヘリ。県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」という大田実中将の電報もまた日本人なら覚えておきたい言葉だ。

私たち日本人は、戦争で多大な犠牲を払った沖縄県と沖縄県民に対して、大田実中将の電文のごとく、生涯、特別な考え方を持つべきである。
それほどの犠牲が、沖縄の歴史にはあったのだから。





再度、浅利慶太氏の言葉を引用する。

《あの悲劇を語り継ぐ責任が我々にはあると思う。戦争で死んでいった圧倒的な数の兵たち、戦後無辜の罪に問われ死を迎えざるを得なかった軍人たち、1発の原子爆弾、一夜の無差別空襲で命を奪われた数え切れぬ市民たちは、みな我々の兄姉、父母の世代である。今日我々を包み込む「平和」は、あの人たちの悲しみの果てに齋された。
 哀悼と挽歌は、我々の手で奏でなければならない。》

来年は戦後70年だ。
もはや戦争を知っている方々がすくなくなっている。
襟を正して真正面から聞くべきなのだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

女性専用車両は『日本の恥』?! [日本の習慣]

女性専用車両.jpg
男の学生が4人乗り込んできた。

私を含め、まわりの人たちは彼らを見るなり少し驚いた。

ここは女性専用車両だった。

朝のラッシュ時でそれなりに混んでいて、女性専用車時間帯のアナウンスがされている。

しかし彼らはそんなことお構いなし、知っていて乗り込んできたのだ。

彼らはあたりに聞こえる声で

「女性専用車両があって、男性専用車両がないなんて差別だよな」
「そうだよ。女だけラッシュ時にすいてる車両に乗れるなんて、狡い!」
と文句をつけだした。
jyosei1.jpg

甘えたクソガキが何言ってんだと思いつつ、

まぁ~女の人だけすいてる車両で確かにちょっと得かもと少し納得しかけたところ

目の前に座っていたキリッとした40代女性がスクッと立ち上がり、

学生たちの顔を見据え

「ねぇ君たち、なぜ女性専用車両ができたかご存じ?」
とやさしく問いかけた。

学生は、一拍後
「それは、痴漢防止のためじゃない」
「でも俺ら痴漢なんかしないし」
「そうそう」と反論。

女性は、
・日本全体でどれくらい痴漢が起きているか
・痴漢被害が多い鉄道会社に対して警察が導入を要望した
・世界の中でも宗教上の理由、酔客の横暴を理由にした女性専用車両はあるが痴漢を理由にした国は少ないこと
最後に
「これは世界中に向けて自慢できることではなくて、とても恥ずかしいことなの。なぜなら日本人は痴漢好きの変態ばっかりいるってことだから。早く痴漢がなくなってこの車両がなくなることがいいとみんな思ってる。」





そうか!女性専用車両は『日本の恥!』なのか。。。
まわりの女性たちは心の中で拍手していた。

学生たちもそのあと、所在なくおとなしくなった。

世界の女性専用車両を調べてみると
韓国 韓国の韓国鉄道公社 (KORAIL) 及びソウルメトロでは、10数年前から広域電鉄において朝の6時30分 - 9時に限り女性・老人・障害者専用車両が設置され、ソウルメトロは2008年から位置付けを明確化して全路線に導入している。 台湾 台湾鉄路管理局では、2006年6月より台北市付近の電聯車(電車)に終日女性専用車両を設置した。しかし、男性差別であるなどの反対意見から約3ヶ月で廃止となった。 フィリピン フィリピンのマニラ・ライトレールでは女性専用車両が終日運行されている。 タイ タイのバンコクの路線バスではラッシュ時に限り女性専用バスが運行されている。また、タイ国鉄は2002年からバンコク - チェンマイ間の寝台急行列車に女性専用車両を投入した。 インド インドでは、女性の地位はいまだ低いが、女性を保護しようという動きが近年出てきており、ニューデリー、チェンナイなどの大都市の通勤電車に女性専用車両がある。「レディース・スペシャル」と呼ばれる女性専用列車も運行されている。 ロシア 長距離列車に酔客対策として「女性専用コンパートメント」がある。 ブラジル リオデジャネイロの通勤電車に車体の色がピンクで塗装された女性専用車両がある。 サンパウロでは2005年、地下鉄に試験導入がなされた。同地では1990年代に女性専用車両を導入したものの、ラッシュ時に男性が乗車した事で定着には至らなかった。 イギリス イギリスでは、1995年から首都ロンドンに「会員制女性専用タクシー」がある。 インドネシア ジャカルタ首都圏の鉄道網であるKRLジャボタベックでは2010年8月、女性専用車両(KKW : Kereta Khusus Wanita)が導入された。インドネシアにおけるイスラム教徒の人口は世界最大である。 by WIKIPEDIA

こうしてみるとイスラム圏以外で、電車にこの車両を設置しているのは日本と韓国だけである。
しかも韓国は2路線なのに比べ、日本全国あらゆる路線で設置されている。

西日本の多くの路線はラッシュ時だけではなく毎日終日行われているではないか!
jyosei3.jpg

そう、これは、まさに『日本の恥』だ!!

タグ:車両 女性
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京拘置所の前にやっぱりこのお店が!! [日本の習慣]

葛飾区、小菅にある「東京拘置所」

友人の家に行く途中に通ったら、見慣れぬ店が…
IMG_2577.JPG

池田屋 差入店

差し入れ専門のお店だ。

興味津々で入ってみる
建物は相当古い、築40年以上たっている。
内装も建物と同じ歴史を感じさせるつくり

誰もいないのかと思ったが、ガラスショーケースの奥で存在感のないやせぎすの中年男性が下を向きながらぼそっと「いらっしゃいませ」とつぶやいた。
いろんな人が来るので、顔を見ないようにしているのかしら…

店内には、雑誌、缶詰、お菓子、下着、洗面用具などが値札もPOPもなく陳列してある。



石鹸は段ボールに入ったまま床に置かれていた。
ここでは買うものは決まっているのだ。

じろじろと店内を物色していると、真っ赤なミニスカートを履いたどう見ても70代の女性が入ってきた。
思わず顔を見てしまって、少し後悔した。
ここでは人の顔を見ないほうがいいのかもしれないと思いそそくさと出てきた。

店の看板の横には
IMG_2578.JPG

保釈保証金立替専門の金融会社広告が。

まさにディープなお店です。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本企業が元気にならない理由は?! [日本の習慣]

アベノミクスのおかげで景気が良くなったとマスコミは言う。

どこが良くなったのか?と思うが、消費税10%キャンペーンの一環なのか。

多少景気が良くなっても庶民の手にはなかなか回ってこない仕組みになっている。

日本の企業はお金を貸してくれるところがなくなったので自社で利益を貯めこみ危機に備えているからだ。

かつての日本の銀行は、企業が経営危機に陥りそうになると、企業を救済するためにさまざまな支援を行った。

しかし、金融制度改革以降はこのような援助をする余裕が銀行からなくなってしまった。

支援をすると銀行自身の自己資本を毀損し、銀行の存続自体が危くなるからである。

金融制度改革以降、危機のときには銀行に頼る代わりに、企業再生機構の支援を受けるという仕組みになった。

多くの経営者は、企業再生機構の管理下
に入るのは経営の失敗の結果だと見ており、このような状態に陥るのをできる限り避けようとする。

そのために投資を極力抑え、十分な余裕資金を持っておこう
とする。

こういった、消極的な経営が続いている。

非正規労働者問題、終身雇用の廃止、巨額投資による新商品開発の減少などこういった要因がもとになっている。

これでは内需もよくならないし金が回らない、経済が動かない。

受注生産の高性能な部品は売れても、投資が必要な利幅が大きい最終製品はなかなかヒット商品が出ない。

この負の連鎖をなんとかしなければ日本は良くならないかもしれない。

 


タグ:内部留保
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
日本の習慣 ブログトップ