So-net無料ブログ作成
検索選択

認知症治療最前線を調べてみたところ?! [病気]

夕日.jpg

高齢化社会に伴い、認知症が増えています。

実は、アルツハイマー型認知症以外の認知症については、
特に有効とされている治療薬は存在しません。

アルツハイマー病治療薬は日本で認可されている薬は「アリセプト」など4種類、
しかしこれは病気を治すためのものではなく症状を抑える対処療法薬です。

ところが、、、
アルツハイマー病を治療する薬はすでに開発されていたんです!

原因となる脳にできる老人班を作り出すアミロイドβタンパク質に対するワクチン治療で、結果的に脳にアミロイドβタンパク質が溜まらないようにする薬です。

マウスによる実験がうまくいったため人での臨床試験に進みました。
薬の安全性を確認する段階は問題なかったのですが、少し多めの薬を投与したところフランスで試験に参加していた97人のうち2人が亡くなってしまい、臨床試験は全面的に中止になってしまいました。
しかし、亡くなった被験者の脳を解剖したところアルツハイマー病は治っていたのです。
副作用の脳炎で亡くなりましたが、ワクチンは間違いなく効果がありました。
病気は治るが、副作用が強いため今後の研究開発が待ち遠しいです。
アルツハイマー病は時間をかけて発症する
米・ワシントン大の研究で、家族性アルツハイマー病を調査したところ
発症の25年前からアミロイドβが、15年前からはタウが蓄積しはじめ、アミロイドβとタウは、脳に蓄積する事でシナプスを傷つけ、死滅させます。
加えて、アミロイドβ・タウの蓄積とほぼ同時期に、海馬が萎縮する事も明らかになりました。

遺伝的な要因は存在するが、生活習慣で変化することも判明してきました。

ここで簡単なQ&Aをいくつか紹介します。

Q1 ホワイトカラーとブルーカラーどちらがボケる?
机に座り事務処理をしているホワイトカラー、体を使い動き回るブルーカラーどちらでしょう。

A正解はホワイトカラーです。
理由は座り続けているからです。
机上で頭を使っているので、ボケにくいと思われがちですが、それ以上に運動不足による筋肉量の低下で早くボケる原因となります。
毎日7時間以上座って仕事をされてる方は定期的に運動しましょう。
ちなみに、きんさんぎんさんの成田きんさんはTVに出る前の90歳ころ「あいうえお」が言えない、「数字が数えられない」など認知症の症状が出ていたようです。
そのときにご家族の方が考えた、ベットにうつぶせになっておもりを足につけ膝下の曲げ伸ばし運動を続けたところ意識がはっきりして107歳まで生きられました。

Q2 パンとごはん食べ続けると、どちらがボケやすいか?

A 正解はパンです。
小麦からできているパンを食べ続けると「脳の霧」と呼ばれる症状が出ることが知られています。軽度の認知機能障害です。
これは小麦の品種改良と遺伝子組み換えで、グルテンなどの含有タンパク質が人の耐性限度を超えてしまい肥満や高血圧、糖尿病、脳疾患を引き起こしているとしています。
(『小麦粉は食べるな!』ウィリアム・ディビス著)
遺伝子工学の発達により数十年前の穀物に比べ、40倍のグルテンを含む穀物が栽培されています。

Q3 ココナツオイルとオリーブオイル、予防や改善効果があるのは?

A ココナツオイルです。
ココナツオイルは中性脂肪酸が約60%、これは他の脂肪酸と異なり直接肝臓に運ばれてすぐにケトン体に分解されて効率よく、脳のエネルギーになります。
通常脳はグルコース(ブトウ糖)をエネルギーにしていますが、アルツハイマー病になるとグルコースが使えなくなります。
神経細胞はグルコース以外にケトン体をエネルギーとして使えるので効果があります。
予防目的なら1日大匙2杯、改善目的なら1食に大匙2杯。
amazonランキングNO.1オーガニックバージンココナッツオイル 500ml 1本


最後に
ボケない最大の予防は「幸せを感じる」ことです。
小さな目的でも毎日持って、楽しく過ごすのが一番です。
人生は1度きりですから…

参考文献 「ボケないのはどっち?」白澤卓二 著 あさ出版




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

温室育ちは弱い!菌まみれの子は強い!! [病気]

幼少期に細菌にさらされることで、花粉症からぜんそく、難病の炎症性腸疾患に至るまでのアレルギー疾患や自己免疫疾患にかかりにくくなる―。こうした仮説はこれまでの研究結果で示唆されているほか、日本でも一部の専門家が指摘している。

しかし、これまでこの仮説を裏付ける生物学的なエビデンス(科学的根拠となる研究結果)は報告されていなかった。米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のTorsten Olszak氏らは、マウスを用いた実験を行い、仮説が妥当であることを米科学誌「Science」(2012; 336: 489-493)に発表した。

こども.jpg

◎大人になってからでは無意味か

細菌暴露が免疫系に関係するという仮説は、世界各地の都市環境でアレルギー疾患と自己免疫疾患が増加していることを説明できるという。これには、幼少期から抗生物質を使うといった社会的な環境の変化も関与している可能性がある。

Olszak氏らは今回、完全な無菌環境で飼育されたマウス(無菌マウス)と、病気や感染症を引き起こす特定の微生物のみがいない環境で育てられてマウス(SPFマウス)の免疫系を比較した。

その結果、無菌マウスでは肺や大腸にぜんそくや大腸炎に似た炎症が発生しやすい傾向にあった。原因は、人間でもこれらの病気と関連付けられている「iNKT」と呼ばれる細胞が集まっていること。興味深いことに、無菌マウスを生後数週間で細菌にさらしたところ、免疫系が正常になってiNKT細胞の集積が抑制された。

しかし、成体期以降、つまり大人になってから細菌にさらしても、こうした変化は見られなかったという。

また仮説通り、出生直後の細菌暴露による保護作用は、長期間にわたって持続することが明らかになった。

Olszak氏らは「今回の研究から、細菌を用いて幼少期に適切な免疫調節を行うことの妥当性が示唆された」と結論。これらの知見を踏まえ、人間を対象とした研究を行うべきと指摘した。

なお、最近だけでも、妊娠中にペットを飼うと子供のアレルギーリスクが低下すること、1歳まで犬と接触した子供は風邪や中耳炎になるリスクが低いことなどが報告されている。これらも細菌への暴露が関与しているのかもしれない。

以前、日本の研究でも幼少の頃から牛などの家畜に接している子供はアレルギーにかかりにくいという報告があった。

都会ではなかなか家畜や、菌を保有しているペットに接触するのは難しい。

研究を進め免疫ワクチンなどの開発が望まれる。


タグ:免疫

癌になるといくらかかる?!出費を減らす方法 [病気]

癌細胞.jpg 

癌になると、仕事ができなくなって収入が減るだけではなく

医療費などの出費が増えます。

再発など考えるともっと負担がかかります。

抗がん剤、手術費、入院代などの直接かかるお金

交通費、かつら、後遺症のケアなど間接的にかかるお金

病院や治療にもよりますが、毎月50万~200万円かかります。

もちろん健康保険適用ですが、3割でも毎月15万~60万

確定申告や、民間の保険でいくらかは戻ってくるでしょうが

その都度支払わなければいけませんし、どれだけ戻ってくるか不安です。

ひと月に窓口で支払う医療費の自己負担が一定額を超す場合

「高度療養費制度」を利用すると自己負担は一定の上限で済みます。

(計算式は年齢や、所得に応じて異なる)

会社員であれば健保、国保であれば自治体窓口に申請すると

「限度額適用認定書」がもらえ、病院の窓口に提出すると制度が適用されます。

身近な人が病気になると心配でお金どころではないかもしれませんが

申請しないと適用されない制度なので是非知っておいてください。