So-net無料ブログ作成
検索選択

「飛び入学」の光と影?!日本の現状 [教育]

東大.jpg 

欧米や中国などの大学は、年齢による入学制限がなかったり

例外的な早期入学が認められている。

日本では、1997年から可能になった。

利用した学生は15年間で101名、12年度は4人しかいない。

飛び入学制度がある大学は全国で6校。

会津大(福島)4人、千葉大(千葉)68人、昭和女子大(東京)1人、成城大(東京)1人、名城大(愛知)26人、エリザベト音楽大(広島)1人

他の大学も検討しているが

「人格形成に問題がある」

「高校できちんと学ばないと大学での履修が困難」

などの理由で、制度導入には消極的だ。

う~む、この理由はなんか変だ、言い訳っぽい。

ググって調べてみると

日本私立中学高校連合会というところが反対していた

「高校は集団生活を学ぶ場でもある。学習面を重視しすぎではないか」

何を言ってるんだい、この団体は?

学歴社会なんだから、学力を重視するのは当たり前じゃないの。

「飛び入学がエリート視され、受験競争が過熱する恐れもある。

高校在学中に大学での履修を一部認めるなど、現行制度の柔軟な運用をまずは考えるべきだ」

いやー、この旧態依然の考え方、お役所みたいな考え方で

現状維持を優先し、何も変えたがってないようだ。

3年生の飛び入学が増えると、授業料収入が減るから反対しているのでは。

大学も同様の理由で飛び級に消極的なところが多い。

また、飛び入学した学生が何らかの理由で大学を卒業できなかった場合には

最終学歴が中卒になるので、学生にとってもリスクがある。

世界が個の力を伸ばす教育をしているなか、

日本は法制度の不備、教育機関の利害優先で遅れている。

秀でた多才な個性を伸ばし、優秀な人材を育成するためにも

拓かれた自由な教育環境を望みます。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。