So-net無料ブログ作成
検索選択
読後感 ブログトップ

大震災を引き起こす、地震兵器?! [読後感]

最近読んだ

「勃発! サイバーハルマゲドン -2012年、滅亡する白人エリート-」

著:ベンジャミン・フルフォード

2012/4/5 初版

KKベストセラーズ

 ベンジャミン・フルフォード.jpg

この作者の本は初めて読んだのですが、

闇の支配者、オバマは操られている、東日本大震災は地震兵器で起きたなど 

とても過激なことを書くジャーナリストなのでどんな人かチェック↓

来歴

外交官の家庭に生まれ、若くして来日。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュコロンビア大学を卒業。 『日経ウィークリー』記者、米経済紙『フォーブス』の元アジア太平洋支局長の職を経験。2005年7月マスターマインド金成泰宏と正式にエージェント契約、マスターマインド所属。2009年に日本国籍を取得し帰化した[1]

日本の国内メディアでは殆どタブーとされているようなテーマに度々言及し、それを正面から問題提起するスタンスで多数の書籍を発表している。またメディアの在り方をも強烈に批判している。近年は『 9・11テロ捏造―日本と世界をだまし続ける独裁国家アメリカ 』(徳間書店)や『 暴かれた9.11疑惑の真相。 』(扶桑社)で、9.11の同時多発テロおよびそれ以降のアメリカの暗部等をも広く扱うようになった。

一方でアジアとの協調を主張し、日本はアジアと連携し堕落した西洋社会の支配を打ち破るべきだ、と主張している。 

  • 19世紀から20世紀にかけてのカナダ随一の大富豪であったジョージ・テーラー・フルフォード(George Taylor Fulford)の曾孫にあたる。
  • 17歳のとき家を出て、アマゾンの原住民(北ペルノシピボ族)と暮らしていた。
  • 朝まで生テレビ!やワールドビジネスサテライトなどのテレビ番組に出演した事があるが、無難に終わってしまうことが多い。※TVではヤクザに関係した問題に言及する事ができない。
  • 2000年に NHKが放送したドキュメンタリー ハローニッポンの「世界に伝える日本経済」の主人公として取り上げられる。
  • 著書『日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日』の中で、「日本は些細な理由で 鈴木宗男を逮捕し、サハリンの利権を欧米に奪われた」と主張。ちなみに鈴木宗男は自身の公式サイトでこの本を紹介している。
  • 著書『ヤクザ・リセッション-さらに失われる10年-』の中で崇仁協議会(京都の同和団体)と東京三菱銀行との係争事件を取り上げ、東京三菱銀行を非難。後に崇仁協議会は公式サイトでこの著書を紹介している。
  • 武富士の武井保雄会長に対し、「貴方の体には刺青があるそうですが」と質問し、インタビューを打ち切られた事がある。武井逮捕後には「日本人は金貸しを嫌悪するが本当は銀行のほうがもっと悪いことをしている。武井会長を逮捕するなら銀行の頭取も逮捕すべきだ」とも書いた。
  • 『SPA!』の連載「憂国妄想マンガ ニッポンの未明」では、漫画家のさかもと未明と共に、鈴木宗男などの政治家・元大蔵官僚・ヤクザなどにインタビューし、石井紘基議員などの政治家・官僚・銀行員の暗殺事件や、バブル後の不良債権処理といった「日本の暗部」に言及している。
  • 2006年3月に責任編集雑誌『REAL JAPAN』を創刊。「日本を本気で変えたいと思う人への起爆マガジン」と銘打ち、中曽根康弘、中丸薫、松崎敏彌がインタビューに、勝谷誠彦、カレル・ヴァン・ウォルフレン、宮崎学、ロバート・ホワイティング、植草一秀が対談に、岡留安則、寺沢有、天木直人、さかもと未明らが執筆陣として参加している。
  • 9.11同時多発テロをはじめとした「アメリカの暗部」に関して主張するようになったきっかけとしては、評論家の中丸薫に「日本の暗部に付いては詳しいけど、世界の暗部に付いては知りませんね」と9.11に関した資料を渡された事に起因する。また、早期からアメリカの自演を指摘していた平和運動家のきくちゆみとも自ホームページ等で対談等が掲載されている。
  • 植草一秀の痴漢事件に対し「りそな銀行の不正に関した国策逮捕の可能性がある」とし、冤罪の可能性があると発言した。調査結果では、植草教授と同じ事を調べていた人間が同じく痴漢で捕まった2つのケースや、その他に自殺したケース等などが多々あることも付け加えた。植草教授はこの件についての書籍を発売する2日前[要出典]に痴漢で逮捕されており、この度まずい箇所を削除されて再発売が決定している。[要出典]
  • 2007年4月、日本国籍を取得したことを、自らのブログで公表した。
  • 2008年10月から、まぐまぐより有料メールマガジン「ベンジャミン・フルフォードの国内外金融・経済・政治のウラ事情レポート」を発行している。
  • 2009年のムー2月号にて、CIA・NSA関係者から聞いたとするUFO問題についてのインタビュー記事が掲載された。
  • 2009年2月、イルミナティエイジェント疑惑について否定したが、三百人委員会とコンタクトを取っていると発表。
  • 母国語である英語とフランス語、日本語以外にも、スペイン語・イタリア語・ポルトガル語・北京語を操ることができる。

 出典:Wikipedia

 タブーが大好物の人みたいです。

この本もタブーが満載!

嘘か本当かは置いといて中立の立場で読んでみると

なるほどと、思う部分が多々ある。

海外、特にイスラム圏に行ったことがある人はわかると思うが

自爆テロの日本の報道と海外のそれとは大きく違う。

アジア イスラム圏の新聞一面は、血だらけ死体だらけだ。 

死体や流血を見せないマスコミの規制も日本はとても強いが、

それ以上に、事件の裏側が日本のマスコミだと見えてこない。

 多少過激な週刊誌にしたところで、やっていることは弱い者いじめばかり

力が強いクライアントや、政府批判は少ない。 

 もちろん、宗教の違いや国の状態も違う。

こうゆう平和ボケ日本だから、呑気に暮らせるのかもしれないが

大震災も地震兵器起因かもしれないとなるとそんなことは言っていられない。大言壮語を感じられる方もいると思いますが眉に唾をつけながら一度読んでみては!?半日あれば読めちゃいます。 

あらすじ、感想は下記追記から〈ネタバレ注意〉

 

 

 


あらすじ読後感はネタバレなので、追記します。


読後感 ブログトップ